Topページ→足摺岬の写真

足摺岬の写真

全76件 1234»
Chrysanthemum japonense var. ashizuriense  アシズリノジギク
From : ashitaka-f studio k2
Cape Ashizuri
From : cotaro70s
Ashizuri cape Lighthouse
From : x768
足摺岬灯台
From : shin Suzuki
足摺岬灯台
From : shin Suzuki
足摺岬灯台
From : shin Suzuki
足摺岬の猫
From : shin Suzuki
足摺岬の毛玉×2
From : nimame
足摺岬の毛玉2
From : nimame
足摺岬の毛玉1
From : nimame
四国の最南端
From : nimame
一昨日は台風の影響で四国西部は雲に覆われていたが、本当なら宇和島のリアス式海岸から四万十川の蛇行が眺められる。右手には足摺岬も。
From : double-h_by_phone
Cape Ashizuri
From : cotaro70s
展望台より足摺岬灯台を望む
From : Tagacchi
窓の向こうに足摺岬。 ところで、巨大客船だろうとなかろうと、海の上では揺れるものですな。 いや、きっと小さな船に比べたら、これでも「ほぼ揺れてないに等しい」のかもしれないけど…。
From : dubbed.pachi
足摺岬
From : Ken Matsushima
足摺岬
From : Ken Matsushima
足摺岬
From : Ken Matsushima
足摺岬
From : Ken Matsushima
足摺岬
From : Ken Matsushima
足摺岬
From : Ken Matsushima

足摺岬に近いホテル

全76件 1234»
このページのTopへ

足摺岬とは

足摺岬(あしずりみさき)は、高知県南西部土佐清水市に属し、太平洋に突き出る足摺半島の先端の岬。足摺宇和海国立公園に指定されている。MichelinGreenGuideJapon(ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン)では、「足摺岬」と「足摺岬からの眺望」がそろって二つ星★★と評価されている。北緯32度43分24秒、東経133度1分12秒。宿毛市に属する沖の島の存在のほか、岬付近にはこれより低緯度にも小島が散在し、四国本島としても、長碆(ながはえ)地区等の存在から、実際にはわずかに四国最南端ではないが、一般には四国最南端の地(岬)として認識されている。足摺崎の読みは本来「あしずりざき」が正式呼称であったが、観光地化の進展に伴い論議を経て通称の「あしずりみさき」が正式呼称となった。高知県を代表する観光地の一つで、JR四国・土佐くろしお鉄道の特急列車にもその名が採られている(詳細は、「あしずり」を参照)。地誌足摺半島南東端に位置、黒潮の打ち寄せる断崖は約80mの高さをもつ。

wikipediaより

このページのTopへ
足摺岬に近いホテル