Topページ→よさこいの写真

よさこいの写真

全2012件 12345»96
DFK_3169
From : 楚志遠
DFK_3179
From : 楚志遠
DFK_3190
From : 楚志遠
DFK_3211
From : 楚志遠
DFK_3263
From : 楚志遠
DFK_3280
From : 楚志遠
DFK_3287
From : 楚志遠
DFK_3302
From : 楚志遠
DFK_3325
From : 楚志遠
DFK_3344
From : 楚志遠
DFK_3390
From : 楚志遠
DFK_3398
From : 楚志遠
DFK_3415
From : 楚志遠
DFK_3458
From : 楚志遠
DFK_3467
From : 楚志遠
DFK_3483
From : 楚志遠
DFK_3594
From : 楚志遠
DFK_3604
From : 楚志遠
DFK_3622
From : 楚志遠
DFK_3709
From : 楚志遠
DFK_3740
From : 楚志遠

よさこいに近いホテル

全2012件 12345»96
このページのTopへ

よさこいとは

よさこいは、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という古語が変化した言葉。または、高知県の民謡であるよさこい節、同県のよさこい祭りの略。他に高知県のよさこい祭りの形式を取り入れた、各地の祭り・イベント・踊りの呼称として、よさこいと呼ぶ場合がある。よさこい節のよさこいの意味は、どの説に従うかによって解釈が異なる(よさこい節の項参照)。言葉の意味「夜さり」は夜分や今夜という意味で、9世紀末から使われていた言葉である。「さらに夜さりこの寮(つかさ)にまうで来(こ)とのたまいて/竹取物語」。また「り」がとれた「夜さ」という形では1707年ごろから人形浄瑠璃に登場する。「夜さ来いと言う字を金糸で縫はせ裾に清十郎と寝たところ/心中重井筒・近松門左衛門」、「短い夏の一夜さに/鎌倉三代記・近松半二」。なお、日本の各地で夜分のことを「夜さり」と言う方言が残っているようであるが、現在の土佐弁ではよさこいと言えば、よさこい節・よさこい祭りのことを指し、夜にいらっしゃいという意味では使われていない。

wikipediaより

このページのTopへ